おっさんのブツブツですぅ
プロフィール

Bandoalpha

Author:Bandoalpha
その時その時の思いついた事の、テキト~なメモ書き、らく書きです。
よってこのブログの基本テーマは、「めちゃくちゃグジャクチャ」、「自分でも何を書いているのか、よく解らない」という事になります。

至らない点につきましては、ご指摘を戴ければ嬉しいです。
まあご指摘を戴いても、あまり進歩・学習することは期待出来ないとは思いますが・・・

Toshi Hino/檜野俊弘
Bandoalpha@msn.com

Access Counter
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
今年2月の反政府デモから始まったリビアの動乱だが(注CNN)、蜂起した反カダフィ勢力は愈々首都トリポリに迫って来たという。

カダフィは、「男も女も最期の血の一滴まで闘え」と檄を飛ばしているそうで、息子の指揮する精鋭近衛部隊だという第32旅団はじめ、カダフィに忠誠を誓う精鋭部隊数万が最期の首都決戦を挑むという話のようだが、冷静に考えればカダフィに勝ち目は無い話で、自称”偉大なる革命家カダフィ大佐”も人民の革命によって倒される時が刻々近づいているようである。(注FOX)。

42年間君臨してきた独裁者は、最期までトリポリに止まって自害でもするのか、あるいは事変当初から言われていたように突然密かに某国に亡命でもするのか?

MoammarGadhafiBBC (640x360)
「殿、落城にござりまする・・・」 BBC Photo

今回のリビア動乱では、国連決議に基づきNATO軍が海上封鎖や航空支援を実施している。
「Operation Unified Protector」と呼ばれるこの作戦行動には米軍もNATOの一員であり参加はしているが、”One of Them”であり、その影は薄い。
航空作戦はシシリー島や、フランス唯一の空母シャルル・ドゴール、揚陸艦などから作戦しているようである。
総指揮官はカナダ軍の中将が執っており、現在19,751ソーティに達すると言う。(NATO

NATO各国が参加しており、タイフーンやラファールと言った英仏の新鋭機も参戦しているが、今回はNATO非加盟中立国であるスウェーデンが参加しており、JAS-39Gripen8機(現在は5機?)と人員130名、給油輸送機等をNATO指揮下に派遣し、制空任務等を担っているという。

JAS39Gripen (624x320)
NATO Photo

Youtube

Wikipedia-Operation Unified Protector
スポンサーサイト
2011/08/22 07:22 未分類 TB(0) CM(2)
コメント
リビア「内戦」の真相とNATO諸国マスゴミのでっち上げ報道
リビア「内戦」の真相とNATO諸国マスゴミのでっち上げ報道

 米英仏伊のNATO諸国のマスゴミは、リビア情勢について、散々でっち上げの情報を流して、国連安保理決議のリビア市民救援目的以外のカダフィー政権打倒目的でNATO軍が作戦を推進していることに疑問を起こさせないように、一面的な編集で世論の洗脳を図っている。BBC、アルジャジーラ、アルアラビア、フランスのTV局その他が邪悪なでっち上げ報道をしている。
 例えば、カダフィーの次男セイフ・イスラム・カダフィーを拘束したと称するNATO諸国マスゴミ報道は嘘だった。
 トリポリが殆ど完全制圧されたと宣伝しているが、それは嘘だった。トリポリ占領作戦の反乱軍最高司令官は、元アルカイダの幹部である。アルカイダはCIAの手先なんだから。
 また、TVは「解放」を歓喜するリビア人の映像を繰り返し放映したが、それはNATOに協力してリビアに侵略特命部隊を送っているカタール君主国の特設スタジオで撮影したでっち上げ映像だった。
 さらにNATO諸国TV局は、トリポリの反乱軍が制圧した地区を転々と移動しながら「市民の解放の歓喜」場面を注文して芝居気たっぷりに撮影して回っている。
 さらに、政府軍に虐殺された市民らの映像は、逆に暴徒らによって虐殺された政府支持者の映像だった。リビア「内戦」の主役になったNATO軍の爆撃と戦闘用ヘリによる戦術的銃撃と殺人なしでは進撃は、はかどらなかった。NATO軍によるシルト市総攻撃は、団結して抵抗している市民の大虐殺になり、第2のナチドイツ「ゲルニカ」作戦になって、事実が世界に暴露されるので、一気にはできないから、最後通告による攻撃を1週間延期したわけである。
 西側の独立ジャーナリストらは、そうした真相を書くので、暫定国民評議会の指図で、トリポリのホテルに強制隔離して、外出させない。-これらは、独立ジャーナリストが暴露した真相の一部だ。
 このように、米英仏伊のNATO諸国の侵略的新植民地主義は、リビアを第2のアフガン化して、カダフィー政権の巨額の国外ドル預金を奪取し、石油・ガス資源を乗っ取る計画で、「暫定国民評議会政府」はアフガン的傀儡政府である。
 アフガンでは、タリバーンが禁止して根絶したアヘン栽培を、世界最大の国家テロリスト組織CIAが、復活させて禁止前を上回るアヘン栽培を経営して密輸している。デフォルトと米ドル崩壊の瀬戸際にあるオバマが、アフガン占領米軍を撤退させないのは、そのせいだ。
 詳細は:http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/86.html
2011/09/02 10:19 たつまき URL [ 編集 ]
すごいですね
たつまき様のサイト見せていただきました。
SBX(Sea-Based X-Band Radar)が地震まで起こせるとは、知りませんでした。

すごいですね、誰も知らないことを知ってるなんて。

SBXはレーダシステムのメンテ(主契約者Boeing)で、シアトルの造船会社に5月?から来ていて、先月無事工事完了して出航していったようです。

テストも当然したのでしょうが、地震は感じなかったねえ~。
2011/09/02 22:10 Toshi Hino URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://bandoalpha.blog41.fc2.com/tb.php/68-a73bfe4a
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。