FC2ブログ
おっさんのブツブツですぅ
プロフィール

Bandoalpha

Author:Bandoalpha
その時その時の思いついた事の、テキト~なメモ書き、らく書きです。
よってこのブログの基本テーマは、「めちゃくちゃグジャクチャ」、「自分でも何を書いているのか、よく解らない」という事になります。

至らない点につきましては、ご指摘を戴ければ嬉しいです。
まあご指摘を戴いても、あまり進歩・学習することは期待出来ないとは思いますが・・・

Toshi Hino/檜野俊弘
Bandoalpha@msn.com

Access Counter
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
ホワイトハウスの一般向けe-mailで、米国で治療を受けた最初のエボラ熱感染医師となったDr.Brantly医師が、更なるエボラ熱対策支援を訴えていた。

同医師は、人道支援活動のキリスト教団体である「Samaritan's Purse」に参加し、昨年10月から2年間の予定でイベリアに派遣され医療活動を行っていたという。

同国首都近郊のEAWA病院で治療を行っていたが、今年3月になってエボラ熱の流行発生を知り、同医師は病院のエボラ熱患者受入れ態勢を整えるとともに、妻と2人の子供を帰国させた。

同病院では6月に最初のエボラ熱患者を受け入れたといい、7月以降来院患者数は爆発的に増加したという。

外国人の医師が1人や2人頑張ったところでどうにもならない情勢であるから、組織的支援体制が整って再度援助可能になるまで、”一時撤収”することも勿論出来たろうが、現地に踏み止まった同医師のその献身の覚悟のほどは、生涯をアフリカ現地人治療に捧げたシュバイツアー博士や、熱病研究の中途黄熱病に斃れた野口英世博士の故事を思わせるものがある。

極限状況で患者に接するなか、7月23日同医師はエボラ熱を発症し、イベリア現地にて治療を受けていたが症状は悪化の一途だったという。

米国に帰国手配がなされて治療されることとなったが、既に内臓器からの出血が始まっており、本人は医師であるから自身の体の状態が解るので、「死」を覚悟していたという。

先日、エボラ熱に感染した米国永住権を持つアフリカ人医師が米国に移送され治療を受けたが、移送時は既に重態であり残念ながら死亡したとのニュースがあったが、”人間にとって最も危険なウイルスの一つ”といわれるエボラ熱であり、近代医学も”手遅れ”となった状態では如何ともし難いのであろう。

Dr.Brantly医師の場合は、開発中のエボラ治療薬なども投与され奇跡的に回復しているが、命の不思議を見るようで、そこには”人知を超えるなにものかがあった”と思ったとしても不思議はないであろう。

神様もこのような人物を好かれて、同医師には「更なる使命の命を与えたもうた」と、本人ならずとも思えるものがあるだろうか。

その後、「エボラ熱感染第1号医師」として上院公聴会に呼ばれてつぶさに現地アフリカの惨状を証言し、緊急大規模支援の必要を切々と訴えている。 大統領と面会の機会にも、アフリカ・エボラ対策緊急支援の必要性を訴えたのだという。(Youtube

国家の外国への支援というのは様々な要素を勘案して決められるものだろうが、同医師の「人道上の支援」の切々たる訴えが、米国の今回の大規模支援への歯車を大きく回したであろう事を否定は出来ないであろう。

同医師が参加していた「Samaritan's Purse」と言うキリスト教慈善団体は日本ではあまり名が知られていないようだが、2011年3月の東北地方大地震津波では、仙台にロジステックス拠点を開設して、生活必需物品の配給などの支援を行っていた。

今頃の季節は、シューボックス(靴箱)運動というのを行っている。

歯磨きや歯ブラシ、おもちゃ等ちょっとした物を靴箱に詰めて、アジアやアフリカなど発展途上国地域の子供達に届けるものである。
輸送には空軍やエアラインが協賛・協力しているようである。

クリスマスに絡めた企画なのだろうが、物の無い子供達も世界には多いだろうし、宗教に関係無く、ちょっとした物をプレゼントされるのは子供心にも嬉しいものである。

いつも発展途上状態の貧しい我が家からも、7個ほどのささやかな靴箱が世界の何処かに旅立っている。


◇◇◇
From: Dr. Kent Brantly, Texas (info@mail.whitehouse.gov)
Sent: Fri 11/14/14 5:38 PM
To: bandoalpha@msn.com


I've come to be known as the first Ebola patient to be treated in the United States -- but I'd prefer to think of myself simply as a family physician.

I was born and raised in Indiana, and trained in family medicine in Texas. I spent the last year living and working as a missionary doctor in a small hospital outside Monrovia, Liberia. So when the Ebola virus came to that country, I was among the first to treat infected patients. And in late July, I contracted the disease.

I quickly came to understand firsthand what my own patients had suffered -- the humiliation, the horror, and the sense of utter helplessness. As an American citizen, I was thankful that I was able to be evacuated back to Atlanta, where I received excellent treatment and survived this terrible disease.

The thousands of people still suffering from Ebola in West Africa don't have that option. So medical professionals and aid workers from around the world have been going to them -- standing shoulder to shoulder in this fight.

Those who have already gone have made a difference, but there is still more that must be done. Effectively fighting this disease is like extinguishing a raging fire. You need to attack the flames at the base and keep them from spreading further. To do this, we urgently need more medical personnel to treat patients in West Africa.

If you're a qualified medical professional and want to volunteer to work in West Africa, the Center for International Disaster Information (CIDI) can connect you with reputable organizations that are active in the Ebola response.

The CDC is also developing an introductory safety training course for licensed clinicians who want to work in an Ebola Treatment Unit.

If you are a medical professional considering traveling to West Africa, please don't let irrational fear stand in your way. I am extremely confident that I did not contract Ebola in the isolation unit in Liberia -- but rather in the emergency room of our hospital. Within the isolation unit, our procedures, protocols, and equipment were all extraordinarily safe. And thousands of other aid workers have safely served in Ebola Treatment Units with the proper personal protective equipment and adequate training.

If you aren't a medical professional, there are vital ways to contribute to the fight stateside, as well. Donate money to the organizations that are serving on the front lines of West Africa. Learn about Ebola and educate your friends -- knowledge is power, and in this case, that means power to overcome fear. Maybe you can even come up with the next "Ice Bucket Challenge" to increase awareness and raise funds to put an end to Ebola!

The health care workers, aid workers, and military personnel who have chosen to go to a place of great suffering -- to help and serve people -- should be honored and celebrated as heroes. The United States military is the best organization in the world to provide logistical support for the organizations and countries fighting on the front lines against this disease. This effort should be expanded.

Please, continue to pray for the people of West Africa who are facing such devastation in the midst of this epidemic. We must not lose our sense of compassion for our neighbors. Our struggle with Ebola as a global community is far from over -- but I am confident that we will beat this. It's going to take every one of us.

God bless you all,

Kent

Dr. Kent Brantly
Fort Worth, Texas

◇◇◇

スポンサーサイト
2014/12/03 18:09 エボラ熱 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://bandoalpha.blog41.fc2.com/tb.php/271-c5c35bfc
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。