FC2ブログ
おっさんのブツブツですぅ
プロフィール

Bandoalpha

Author:Bandoalpha
その時その時の思いついた事の、テキト~なメモ書き、らく書きです。
よってこのブログの基本テーマは、「めちゃくちゃグジャクチャ」、「自分でも何を書いているのか、よく解らない」という事になります。

至らない点につきましては、ご指摘を戴ければ嬉しいです。
まあご指摘を戴いても、あまり進歩・学習することは期待出来ないとは思いますが・・・

Toshi Hino/檜野俊弘
Bandoalpha@msn.com

Access Counter
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
「吉田類の酒場放浪記」のYouTubeなのだが、紹介された居酒屋(みせ)に飛行機に乗って遠出するわけにもゆかず、仕方が無いので安いワインを舐めながら眺めていたら、国立の「うなちゃん」が出ていた。



店も二階の座敷も昔のマンマである。

と言っても足繁く通っていたわけではない。
酒肴の肝焼きなどとは言っても、「鰻」は「鰻」であり昔もやはりCPは高く、安月給の身ではそうそう寄れるものではなかった。

「鰻」は、近年は稚魚が激減してるとかでシラス漁は不漁続きであり、日本鰻はとうとう絶滅危惧種に指定されたというから、値も鰻昇りで、この先暫らくは「鰻」の字の暖簾からは庶民の足は遠のくだろうか。

「神田きくかわ」のお重からはみ出る蒲焼などは感動モノであったが、酒の肴としては長焼きは些かヘビーであり、主客が転倒して”長焼きの肴に酒を飲む”ようになってしまうので、酒肴ならばやはり肝焼きとかがイイようである。

「酒を求め肴を求め、さ迷う~」という「吉田類の酒場放浪記」というのは、居酒屋をテーマにしている番組であるが、”一杯飲み屋”などは全国津々浦々に星の数ほどあるだろうから、続ける積りならば百年はさ迷えるだろうか。

”一杯飲み屋”であるから、遠出までして行くというものでなく、馴染みはやはり近場なわけだが、調布飛行場の反対側の多摩墓地駅(今は多摩駅?)前の、その名も「よりみち」とか、大沢のICU近くの「ひげ」などという居酒屋は懐かしい。
取立てて何と言うことも無い居酒屋であるから、マスコミに上がることは無いが、ナニというところが無いところが又良い。
見るといずれも不思議とまだやっているようである。

大沢交差点の角には、「Cadot」と言うフザケた名前のコンビニがあり、よくワインが置いてあったので、”家飲み”の時は、ここで安いワインを買って帰ったものである。

もう何十年も前のことになるのだが、ふと気づくと、マッタク進歩のない自分がここにいるぅ。

武蔵境の南口には、炭火焼きのモツヤキで辛味噌を付けていただく”立飲み屋”があったが、やなり「立飲み」というのは簡便であり、何と言っても、CP比が高い。
冷暖房などと言うものとは無縁なわけで、肴も手間隙のかかるものは勿論出せないわけだが、モツヤキの塩数本と煮込みと、それにお新香くらいあればもう十分であり、店先で移りゆく季節の風に身を吹かれながら、コップ一杯の酒を酌むというのはいいものであった。






スポンサーサイト
2013/02/17 17:49 未分類 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://bandoalpha.blog41.fc2.com/tb.php/189-83b3cfdb
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。