FC2ブログ
おっさんのブツブツですぅ
プロフィール

Bandoalpha

Author:Bandoalpha
その時その時の思いついた事の、テキト~なメモ書き、らく書きです。
よってこのブログの基本テーマは、「めちゃくちゃグジャクチャ」、「自分でも何を書いているのか、よく解らない」という事になります。

至らない点につきましては、ご指摘を戴ければ嬉しいです。
まあご指摘を戴いても、あまり進歩・学習することは期待出来ないとは思いますが・・・

Toshi Hino/檜野俊弘
Bandoalpha@msn.com

Access Counter
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
中国国防省(中華人民共和国国防部)のサイトでは、Su-30やJ-11といった中国が現在保有する最新鋭の戦闘機とKJ-2000早期警戒機を投入して中国が今回設定したADIZ(以下CADIZ)のパトロールを実施しているという。

漢字は見てると意味が大体解るので面白い。

◇◇◇引用:中国国防部サイト
我军主战飞机在东海防空识别区常态化巡逻

来源:国防部网 作者:记者李建文、特约记者杨振 时间:2013-11-28 22:22:38

中国空军新闻发言人申进科空军上校表示,中国空军组织苏-30、歼-11等主战飞机,在中国东海防空识别区进行常态化空中巡逻,加强对防空识别区内空中目标的监控,履行空军使命任务。

  申进科说,11月28日,中国空军组织1架空警-2000预警机和数架苏-30、歼-11等主战飞机,在中国东海防空识别区执行空中巡逻任务。

  申进科指出,中国空军在中国东海防空识别区进行空中巡逻,是防御性措施,符合国际通行做法。

  申进科表示,中国空军一直保持高度戒备状态,将根据不同空中威胁,采取相应措施,坚决保卫空防安全。

http://www.mod.gov.cn/photo/2013-11/28/content_4477003.htm
◇◇◇

機体の写真も出ていたのでお借りして、人民解放軍空軍の精鋭ぶりの宣伝に協力したい。

KJ2000 (640x439)
「空警-2000预警机」
KJ-2000と呼ばれる中国のAWACSだが、Il-76に中国が開発した警戒監視レーダを塔載したものという。
中国の最近の地上配備レーダは300Km+のレンジと言っても地表の関係で(地球は丸くレーダ波は直進)、低高度目標の探知には限界がある。
今回のように広いCADIZを設定した場合には上空をAWACSに飛行させ、警戒監視する必要が生じるわけである。
KJ-2000は現在5機程保有し、無錫市の空港に配備しているようだが、CADIZを完全に監視するためには少なくともAWACS2機を常時在空させる必要があると思われるが、現在のKJ-2000保有機数では365日24時間の警戒監視体制を保持するのは些か難しいであろう。
他にもKJ-200と呼ばれるY-8改造のAWACSがあるが、こちらは小型のものでKJ-2000とのハイ・ロー・ミックスになっているようだ。これの飛行隊も同じく無錫空港に所在しているが、両飛行隊とも投入すれば理論上はCADIZ全域の警戒監視が可能だろうが、実際には限定した時間と空域のみをAWACS監視としている可能性が高いであろう。
艦艇による警戒も可能であるし、CADIZ内全てが核心的に重要というわけでもないのだろうし。


Su30 (511x640)
「织苏-30」主战飞机。
Su-30だが、ロシア製の第一級戦闘機であろう。
日本や米国の軍用機がADIZの国際空域に於いて、平時に相手に対し先に攻撃行動を行うことは無いので、別に最新鋭戦闘機をわざわざ出さずとも、J-10などでも十分に思うが、CADIZ内で相手が中国の指示に従わない場合には防御的な処置を取るとしているので、必要と思う処置を取る能力があるであろう、現在保有する第一級の戦闘機を投入しているのであろう。

J11 (640x443)
「歼-11」主战飞机。
中国の国産戦闘機。現在量産配備が進められているようである。
外形がSu-27などにソックリなのは気のせいである。
同じ能力を追求すれば、究極には非常に似たカタチになるのは常識というもの。
ソ連の機体は電子機器は兎も角、空力は優れたところがあるので、この機体もなかなかのものである筈。

Wuxi (640x483)
グーグル・アースで見た無錫市空港(Wuxi-Shuofang AB)。軍用地区に4棟と7棟のテント状ハンガーが見え、前者がKJ-2000AWACS,後者が小型のKJ-200AWACS用に使用されている。

中国はCADIZの主張を撤回するようにも見られず、このままではいずれ日本や米機と中国軍機が接触する機会が生じそうだが、中国が公告している以下の部分が、具体的に一体何をしようとするものなのか?が問題であろう。

对不配合识别或者拒不服从指令的航空器,中国武装力量将采取防御性紧急处置措施。

武装した戦闘機が空中で相手に対してとれる処置というのは、限られている。

”まあ、一杯やりながらお互い胸襟を開いて新しい国際間の秩序というものを語ろうではないか”とはいかないのである。

中国が主権を主張できるのは、12海里の領海の上空の領空迄である。

日中間のEEZに関しても、大陸棚の続く沖縄トラフまでが中国のものと主張して譲らないという。
お互いにかち合う部分のEEZについては双方の中間線で、という発想はないようで、”力の強い者がこれを獲る”というのが中国流の常識のようである。

困った国だこと。
スポンサーサイト
2013/11/30 15:36 China TB(0) CM(0)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。