FC2ブログ
おっさんのブツブツですぅ
プロフィール

Bandoalpha

Author:Bandoalpha
その時その時の思いついた事の、テキト~なメモ書き、らく書きです。
よってこのブログの基本テーマは、「めちゃくちゃグジャクチャ」、「自分でも何を書いているのか、よく解らない」という事になります。

至らない点につきましては、ご指摘を戴ければ嬉しいです。
まあご指摘を戴いても、あまり進歩・学習することは期待出来ないとは思いますが・・・

Toshi Hino/檜野俊弘
Bandoalpha@msn.com

Access Counter
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
ここ数日夏らしい陽気が続いており、ビールがウんマイ。

レイニア・ビール(Rainier Beer)というのは、シアトルに昔からあるビールだが、栄枯盛衰は世の習い、本来のレイニア・ビールの会社は既に無く、名前を引き継いだ別の会社(カリフォルニア?)が今は醸っているようである。

I-5高速道路から見えるこのビール会社の「赤いRのサイン」は、永らくシアトルのランド・マークのひとつであったが、その後ビール工場はタリーズ・コーヒーが買収し、「赤いR」から「緑のT」に今はサインも代わっている。

タリーズ・コーヒー(Tully's Coffee)は、日本にも出店しているようだが、これもシアトルの会社であるから、時代の好みはビールからコーヒーに代わった、というところだろうか。

Rainier.jpg

「Rainier」というのは、ワシントン州にあるレイニア山(標高4,392m)から名をとっている。

山登りが趣味なのだという○田さんが”来い”というので、万年雪に覆われ、山頂には氷河時代の氷がそのまま残るのだという、この山に登ったことがあった。

山登りというのは、未だ暗い時間に家を出る。

オレにとっては”夜は始まったばかり”という時間なわけで、”このおっさん、なんでアメリカに出張に来てまで山登りなんだよお~”と心ではブツブツ言いつつも口には出せず、泣く泣く大先輩に曳かれていった。

途中まで車で行くことが出来、そこから上は万年氷雪を踏みしめながら登ってゆくことになる。
頂上付近は山というより岩であり、完全装備のプロでないと無理なので、ある程度登った所で、汗を拭い、ここで氷上に一休みとなる。

ゴソゴソと角○さんが、バックパックから取り出したのは、缶ビール。

足下の氷雪に埋めて冷やして、眼下の絶景を眺めながら一杯やった。

今まで飲んだビールのなかでは、最高の味だろうか。

「そこに山があるから登るのだ」と人は言うようだが、”そこで美味いビールが飲めるから登るのだ”という人もいるようである。


MtRainier2.jpg
スポンサーサイト
2013/07/26 04:26 未分類 TB(0) CM(0)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。