FC2ブログ
おっさんのブツブツですぅ
プロフィール

Bandoalpha

Author:Bandoalpha
その時その時の思いついた事の、テキト~なメモ書き、らく書きです。
よってこのブログの基本テーマは、「めちゃくちゃグジャクチャ」、「自分でも何を書いているのか、よく解らない」という事になります。

至らない点につきましては、ご指摘を戴ければ嬉しいです。
まあご指摘を戴いても、あまり進歩・学習することは期待出来ないとは思いますが・・・

Toshi Hino/檜野俊弘
Bandoalpha@msn.com

Access Counter
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
米海兵隊が近接戦闘用の軍用拳銃として、「M1911」を選定し、オーダーしたのだという。

Sticking to their guns: Marines place $22.5M order for the Colt .45 M1911

12,000丁の調達というから、現用のM9に取って代わるのであろう。

その名の通り1911年に、米陸軍に制式採用された軍用拳銃で、第一次世界大戦、第二次世界大戦、朝鮮、ベトナム・・・と戦歴を重ねた軍用拳銃である。

101年を経て、制式装備として新たに調達されるというのも凄いが、やはり使い易い良いモノは、良いと言うことだろうか。

口径が11.4mmと大きいので、一発あたりの威力は高いのだろうが、全体に大型で重く、日本人など小柄な人にはちょっと扱い難いだろうか。
軍でも特殊部隊など一部では継続使用されていたといい、コルト社でも生産は継続されていたが、装弾数も9mm拳銃などに比べると劣るので、近年は主力となっている9mm拳銃に押され。一部の”愛好家”の持ち物となっていた感がある。

警察官なども携行する拳銃(好きなものを自分で選択できる。 ちなみに、射撃練習は無制限。いつでも幾らでも好きなだけ撃てる。)は、殆どがグロックで、偶にSIGやS&Wも見るがいずれも9mm弾のもので、11.4mm弾の「ガバメントを」携行する警官は極めて稀で、”変わり者”といったところだろうか。
ちなみに、市警教官は、グロックの10mm弾のものを使用していた。

警察と軍隊とでは若干使用状況が異なるだろうが、9mm弾は今ひとつストッピング・パワーが不足との不満があるようで、45口径の11.4mm弾であれば、一発の命中で相手を無力化させることが可能というのがあるようだ。
今回の海兵隊による調達で、M1911が他でもリバイバルすることもあるだろうか。

米軍将兵の腰間には、「ベレッタM9」よりも、やはり「M1911 ガバメント」が似合っている。

かのジョン・ブローニングの設計になるというが、途中A1になり若干の改良があっただけで、基本的に同じデザインで100年現役というのは凄い。
MarinesM1911.jpg

M1911M1911A1.jpg




スポンサーサイト
2012/07/30 11:35 未分類 TB(0) CM(0)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。