FC2ブログ
おっさんのブツブツですぅ
プロフィール

Bandoalpha

Author:Bandoalpha
その時その時の思いついた事の、テキト~なメモ書き、らく書きです。
よってこのブログの基本テーマは、「めちゃくちゃグジャクチャ」、「自分でも何を書いているのか、よく解らない」という事になります。

至らない点につきましては、ご指摘を戴ければ嬉しいです。
まあご指摘を戴いても、あまり進歩・学習することは期待出来ないとは思いますが・・・

Toshi Hino/檜野俊弘
Bandoalpha@msn.com

Access Counter
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
ワイセツなサイトばかり眺めているからだろうか、妙な詐欺サイトに引っ掛るところであった。

天気予報サイトを検索していて(と日記には書いておこう)、地域名を入れて検索されたサイトにアクセスした途端、”Win 7 Internet Security 2012”というのが起動して、勝手に”ウイルス・スキャン”を始めた。

見ると何件かの”ウイルス・ファイル”を”検出”しているのだが、はて?Win 7にこんなセキュリティ機能があったのかしら?

変だよねえ~、と思ってこれを閉じようとしてもクローズしない。
元にも戻れず、先に進むだけが可能で、”今なら1年間$57ですぅ”とかなっている。

そんなに高くもないしい、セキュリティ・ソフトならも~買っちゃおか?とも考えたが、さすがにチョッと待った。

一たんシャット・ダウンして再起動しても、インターネットが使えずこの妙なのが出てくる。も~、乗っ取られとるね。

他のPCで検索してみると、セキュリティ・ソフトに見せかけたもので、何のセキュリティ機能も無い詐欺行為のウィルスなのだという。
”検出”したウイルス・ファイルというのも、ウイルス・ファイルではないという。

これの対策ソフトなども出ているが、どうしようか?と考えたが、ここで「System Restore」ですよ。
先ず時間を戻して、PCやネットを使える状態して、そして駆除を。
と考えたのだが、プログラム→アクセサリーからの「System Restore」へのアクセスが出来ない状態。なかなかよく乗っ取っているようだ。
コントロール・パネルのほうからはアクセスが出来たので、これで時間を戻した。

「System Restore」で時間を戻しても、詐欺ファイルが消えるわけでないので、駆除のフル・スキャン。
「一個見っけえ」で、駆除してお終い。

マイクロソフトのサイトでも、NET経由でMalware駆除等のスキャンを提供している。

Microsoft Windows Malicious Software Removal
x32OS用
x64用のもの

Microsoft Safety Scanner

見かけもよく出来ている。努力賞もの。
Win7InternetSecurity2012Fake.jpg
スポンサーサイト
2011/12/31 05:56 PCやNETなど TB(0) CM(0)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。