FC2ブログ
おっさんのブツブツですぅ
プロフィール

Bandoalpha

Author:Bandoalpha
その時その時の思いついた事の、テキト~なメモ書き、らく書きです。
よってこのブログの基本テーマは、「めちゃくちゃグジャクチャ」、「自分でも何を書いているのか、よく解らない」という事になります。

至らない点につきましては、ご指摘を戴ければ嬉しいです。
まあご指摘を戴いても、あまり進歩・学習することは期待出来ないとは思いますが・・・

Toshi Hino/檜野俊弘
Bandoalpha@msn.com

Access Counter
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
用を足してコックピットに戻って来たら大変なことにw

◇◇◇引用読売新聞ネット◇◇◇
副操縦士がスイッチ間違えて…全日空機背面飛行

「旅客機が一時、ほぼ背面飛行をしていた」。
那覇発羽田行き全日空140便(エアーニッポン運航)の急降下トラブルの際の詳しい機体状況が28日、判明し、失速寸前の危険な状態に陥っていたことに、航空関係者は強い衝撃を受けた。「旅客機がこんな姿勢になることは通常、あり得ない。大事故につながる可能性もあった」との声も上がった。

 運輸安全委員会の発表によると、飛行記録装置(DFDR)データ解析の結果、機長のトイレ中に操縦室に一人でいた副操縦士が、ドアロックを解除するスイッチと間違えて、機首の向きを変える方向舵(ほうこうだ)を動かすダイヤル式スイッチを2回、計約10秒左に回していた。

 その結果、機体は左旋回しながら左に大きく傾き、機首が下がって急降下したとみられるという。全日空によると、旅客機は通常、旋回時の傾きは30度以内、機首の角度も上に20度、下に10度の範囲内で運航している。今回の左への傾きが131・7度、機首の角度が下向きに35度という数値は、「危険回避などで急な操作を必要とするケースでも、到底考えられない数値」(全日空関係者)という。

(2011年9月29日02時00分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110929-OYT1T00135.htm?from=popin
◇◇◇

しかし、
「ラダートリム・コントロール・スイッチ」と「操縦室ドアロック・スイッチ」を間違えて操作するものだろうか。
場所もスイッチの大きさも形状も、これだけ違うのだし、スイッチには用途名が書いてあり、夜間であれば照明で文字が浮き立つ。
これを間違えるとなると、多くの乗客の命を預かるコマーシャル・パイロットとしては、殆ど絶望的だろうか。
なんでこんな人が、百人以上の命を乗せた旅客機の操縦席に座っているのだろうかw

ANA7377.jpg

この副操縦士は、「一定以上の高度を飛行中にコックピットで1人になった場合に社内規定で着用を義務づけている酸素マスクをしていなかった」ともある。(産経ニュース
回復操作についても疑問無しとしないところだろう。
年齢(38とか)からすれば、もうそろそろ機長昇格のベテランだろうし、決して新人では無いだろうが。

会社(全日空)のほうも、ほぼ背面飛行の状態に陥ったという衝撃的な事実の公表は控えていたというが、”他人の命に関わることであっても、自分達の組織に都合が悪い事は公開する必要は無いんだ”との精神風土は、なにやら原発事故の対応と相通じるものがある。(注:毎日ニュース

隠蔽体質の組織には自己補正能力というものは育たないわけだが、この企業の教育訓練・管理体制も問われよう。

社会的事実の追求・報道ということでは、ジャーナリズム、所謂”マスコミ”の役割が大きいわけだが、鋭く切り込んだ報道など見ないようである。
日本のジャーナリズムの世界も、人気に阿る拝金主義・自己保身第一の”タレント”は居ても、「ジャーナリスト」は居ないというところか。

日本の社会全体が劣化し病んで来ている、と言っては大げさかw

先日は、エアフォース・ワンの情報を流していた羽田のベテラン管制官のニュースがあったばかりだが、日本の空は大丈夫だろうか?

運輸安全委員会:重大インシデント調査の進捗状況


*)
-700や-800などの737NG(New Generation)は、ラダーはオートパイロットとリンクしていないという。
今回のようにオートパイロットで飛行中に、ラダートリムを操作した場合、若干の角度変化であれば、オートパイロットがエルロンおよびヨーダンパーで自動補正するという。
その場合機体は若干姿勢変化して元に戻るわけだが、更にラダートリムのスイッチ操作に熱中すれば、オートパイロットは自動補正限界を超えて警報が鳴り警告灯が点くという。

例え間違ったスイッチ操作をしても早い段階で機体姿勢の変異に気付いて回復操作をすれば、こんな重大ナントカにはならない筈のものだが。
副操縦士は計器を睨んでいたようでもなし、かと言ってスイッチを見ていたわけでもなさそうな??

◇◇◇
Hi All,

New to Orbiter and the Forum. I would have liked my first post to have been a little more space related, but I am a 737-800 Captain for a US Airline. Cant help but throw my 2 cents in. Yes, the two knobs are very different. I would like to think that anybody qualified on the airplane could not get the two confused. But even if he did, I find it hard to believe that he would hold it in for that long. As soon as you move it, even just a little, you feel it. But let's see if we can figure this out.

The 737 series are not FBW, just good ol' fashioned cables and hydraulics. But, and this is an interesting point, the rudder is NOT connected to the autopilot system. Why Boeing designed it that way, I dont know. With the autopilot engaged, the yaw damper takes care of rudder input.

I assume (take that with a grain of salt) that at FL410, autopilot is engaged in LNAV and VNAV with Path indicated (Altitude Hold). Of course I'm also assuming that the CDU's for the FMC's are either Honeywell or GE. Not sure how ANA has their avionics configured.

At any rate, if rudder trim is applied, the plane will start to yaw slightly and roll slightly. No big deal. The autopilot will apply aileron and some yaw damper input to hold course and altitude. As more rudder trim is applied, obviously, the more opposite inputs the autopilot will try to make in order to maintain course and altitude. The autopilot cant do this all day. It will alert the crew that it's having a hard time with a series of beeps and the green VNAV and LNAV indications on the MFD's turn yellow with horizontal lines. Unless the crew does something to alleviate the condition that the autopilot is attempting to correct, the autopilot will disconnect.

It might be a little dramatic at 41,000 when the autopilot clicks off and all those control inputs are nulled...except for the rudder trim.

Consider this (again just an idea), Captain wants back in (we have different procedures in the US). FO applies rudder trim instead of the door switch knob. Captain's pulling on the door trying to get in. FO's looking at the door. Autopilot's making corrections, unknown to FO who has head turned around, but still cranking in trim. Captain's still pulling on the door. Now the autopilot beeps at him. FO turns around to see what's going on and while he's trying to figure it out (the plane is still straight and level, what could be wrong), the autopilot clicks off with an annoying alarm and WHAM you'll get tossed around a bit as all those control inputs return to normal... with the exception of the rudder trim.

At 41000, you'll lose some altitude and could end up with an unusual attitude recovery...again, not sure...never tried it....never will.

Anyway, thanks for listening. I'll post something soon on the meet and greet thread

David
http://orbiter-forum.com/showthread.php?t=24584&page=4
◇◇◇
スポンサーサイト
2011/09/29 15:26 未分類 TB(0) CM(0)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。